留学とホームステイの違いって?

留学とホームステイの違い 海外で何かを学ぶという際に選択肢に出てくるのが留学とホームステイですが、それぞれの違いについて曖昧なイメージしか持つことが出来ないと言う人は案外多いものです。
ではこれらはどう違うのかと言うと、まず留学とは海外の学校などに通い、そこを卒業したり単位を取得することが目的になります。
簡単に言ってしまうと海外の学校に一時的に転校するということです。それに対してホームステイとは何かと言うと、これは海外の人の家に居候して文化や言語を学ぶということが目的になります。
学校に通う必要はなく、当然単位の取得や卒業と言った目的は無くてもかまいません。
これらの違いは自分が学ぶスタイルを考える上で理解しておかなくてはならないことです。
例えば海外の学校を卒業したという実績が欲しいというのであればそれはホームステイを選ぶべきではありませんし、逆に学校に通わず文化や言語を学ぶことに集中したいというのであれば、それは留学を選ぶべきではありません。
このように一見似た存在のように見える二つのことも、海外に行く目的というところで大きな違いがあるのです。
この違いを忘れていると自分が持っていた目的を果たせなくなりますので注意しましょう。

時期が合えば海外インターンシップ留学を

留学をして外国で働きたい、という人におすすめなのが海外インターンシップ制度です。国内の大学と企業との間でも同じような制度がありますので、ご存知の人も多いでしょう。
国内で行われているのは、大学と特定の企業が契約を結び、学生が一定期間企業で研修できるようにしています。研修ですので賃金は支払われませんが、学生のうちに企業で働く経験ができ、就職に有利になります。インターンシップ契約をしている企業へも、事実上就職しやすいため、学生にとってもメリットは多いです。
海外インターンシップは、これの海外版です。海外の企業やボランティア団体で働くことで、語学力や外国の文化を習得することができます。日本のインターンシップのように、そのままその企業で働く、ということはありませんが、海外での就業経験は日本での就職に有利になります。
時期は、インターンを受け入れている企業に合わせる必要がありますが、日本よりも技術が進んでいる分野を勉強したい人などにおすすめです。就業ビザを取得しての留学は簡単ではありませんが、海外インターンシップ制度を使えば、比較的簡単に留学をすることができます。
収入が得られるワーキングホリデーも魅力ですが、時期を逃してしまった人は、この制度を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの留学関連リンク

ワンランク上のプレミアム留学を提供する「グローバルイングリッシュアカデミー」のサイト

セブ 留学 短期